TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

足底アーチが崩れたことによる右股関節痛

40代女性。
右股関節の違和感を感じて来院されました。

歩いている時が特に気になったそうです。

お身体の状態としては、

右股関節を屈曲すると痛みと引っかかり感がありました。
腰椎から骨盤にかけてのズレも出ていました。

1番気になったのは、
足のアーチの崩れです。

足のアーチが崩れると、立っている時のバランスが崩れます。
そうなってくると膝や股関節、腰などに負担が大きくなります。

この方の場合は、足のアーチを調整してから
股関節を屈曲したところ、先ほどより痛みも引っかかり感もなくなりました。

腰椎や骨盤の影響もあったので、モルフォセラピーを用いて矯正を加えました。

3回程の施術で歩いているときの違和感はなくなりました。

足のアーチが崩れている方は意外と多いです。

今抱えているその不調の原因が足のアーチかもしれません。

品川駅にお勤めの方。
港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。
どんな方でも構いませんので、気軽にお越し下さい。
当院は、日曜祝日も診療しています。

気になる方はご連絡ください^_^

2020.7.15

こめかみ部分の頭痛

40代女性
デスクワークにて勤務。

毎日ではないが、夕方にかけて右側のこめかみ部分に頭痛が発生するとのことで来院されました。


右こめかみ〜右頚部にかけての範囲で頭痛があり、ズキズキしたような感覚とのことです。


お身体の状態を診ていくと、後頭骨が右に傾いてズレていることがわかりました。

真っ直ぐ座られている状態でも、少し右側に首を傾げているような状態でしたので、長年ズレが起こっていたと考えられます。

後頭骨のズレもモルフォセラピーならアプローチが可能なので、モルフォセラピーにて全身の骨格矯正をさせて頂きました。

その場でこめかみ部分の頭痛が軽減したとのこと。


その方の場合はトータル10回程で、デスクワーク中の頭痛があまり出なくなった状態まで改善していきました!



同じような悩みな方、是非一度品川、高輪、天王洲からも通えるリフレ鍼灸整骨院までご相談ください。


2020.7.7

食いしばりと頭痛

40代女性

デスクワークをしていると気づいたら食いしばっていてこめかみのところから頭痛が起こるということで来院されました。

お身体の状態をチェックしていくと、お腹の張りは強く、
首のアーチは減少していました。

首のアーチが減少していると副交感神経の通りが悪くなりやすいのでお腹も張ってきます。

また、首と顎の骨は連動性がある為、首のアーチが減少していると食いしばりや歯ぎしりを起こしやすくなります。

副交感神経の通りも悪いので上手く力が抜けないというのもあります。

頭痛が出ているこめかみの部分の筋肉は噛む筋肉です。

食いしばりにより噛む筋肉が緊張し、神経を圧迫して頭痛の症状を出しています。

鍼灸施術にて、自律神経のバランスとこめかみの緊張を調整し、
モルフォセラピーにて首のアーチができるように調整していきました。

施術後、その場での頭痛は消失しました。

安定的に頭痛が出にくい状態を作るに後数回は必要になってきます。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。

天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は、日曜祝日も診療しています。



気になる方はご連絡ください(^^)

2020.7.6

症例報告「倦怠感と頭痛」


こんにちは。
品川駅港南口にあるリフレ鍼灸整骨院の大森です。
今日は体にだるさが出ていた方が頭痛も併発していた症例になります。



◇30代
◇男性
◇会社員


【症状・発生機序】

デスクワークをしていて普段から肩こりをかなり感じていた方です。
その時は仕事量が多くなり、仕事量と比例してストレス度合いも多くなっていました。


来院時は体の倦怠感と頭痛がかなりピークに達していて、歩いて来るのがやっとな状態でした。
肩こりも辛い感覚がいつもするのに今回ばかりは何にも感じていなかったそうです。


【体の状態と施術】

お体の状態を確認させていただくと、体の脊骨にズレがみられ肩周りの筋肉にも張り感がありました。

筋肉の張り感を取るために指圧と、脊骨のズレをとるためにモルフォセラピーを用いて施術を行いました。


【施術後の状態】

施術後にお体の状態を確認すると、その場で筋肉の張り感も緩み、頭痛の症状は落ち着きました。
ただ、倦怠感は残っているので睡眠や入浴などで対応してもらい症状緩和を目指します。


品川駅にお勤めの方。
港南口にお住まいの方。
天王洲アイルに御用のある方。
どんな方でも構いませんので、お気軽にお越しください。
当院は、日曜祝日も営業しております。

気になる方はご連絡ください(^ ^)

2020.7.8

肩こりからくる頭痛

30代男性。

頭痛を訴えて来院されました。
病院に行って検査を受けても何も異常はみられないのに、
10年程、頭痛に悩まされていたそうです。

薬を飲まない日はなかったそうです。

来院された日も、後頭部に頭痛が出ていました。

お身体の確認をしていくと、肩や首の筋肉の緊張が強く出ていました。
また、頚椎のズレも大きく出ていました。

この二つが大きな影響を出していると考え、
モルフォセラピーを用いて、施術を行いました。

するとその場では、頭痛が軽くなりました。

次の日は薬を飲まずに生活ができたそうです!

まだ安定はしていないで継続して経過を確認していきます。

頚椎のズレを戻し、肩や首回りの筋肉を緩めると
頭痛は改善されていきます。

品川駅にお勤めの方。
港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。
どんな方でも構いませんので、気軽にお越し下さい。
当院は、日曜祝日も診療しています。

気になる方はご連絡ください^_^

2020.7.2

肩や首のコリに起因する頭痛

30代女性、頭痛を訴えて来院されました。

デスクワークのため一日中パソコン作業があり、肩こりや首のコリも気になっていました。

デスクワークで姿勢が崩れてしまうと背中が丸まってきます。人の身体は身体を曲げるための筋肉の方が強く出来ています。

そのため、身体が丸まる姿勢が続くとその状態で身体が固まってしまいます。

身体が丸まっている状態は首が前に出てくることで首の重さを重力から支えるために必要以上に筋力を使います。

そうなると、首の筋肉が酷使されることで首の血流が悪くなっていきます。

血流が悪くなった筋肉は硬まってしまいます。



頭痛の多くは血流不全で起こるとされています。

この方も例外ではなく首のズレ、普段の姿勢から筋肉の硬さが出ていました。

筋肉でいうと後頭骨の下部の筋肉に特に張り感が強く出ていました。

初回の施術で首の可動域が上昇し、3回目の施術で週4回以上出ていた頭痛が無くなりました。


筋肉を押すだけでなく当院の骨格矯正を併用することで、早期回復に繋がります。

コロナウィルスによる在宅勤務の影響で姿勢が崩れてしまい頭痛が出てくる方も多いです。

品川駅にお勤めの方や港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方で頭痛にお困りの方。
どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。
当院は、日曜祝日も診療しています。

気になる方はご連絡ください(^^)

2020.6.30

のぼせと頭痛

30代女性


デスクワークをしていると途中から首や頭にのぼせを感じ、頭痛が起きるということで来院されました。


朝はのぼせも頭痛も無いようです。


仕事を初めて1時間ほどするとのぼせと頭痛が出てくるようです。


頭痛はズキズキと脈打つように痛みが出ておられます。


お腹の張りも強く、自律神経の交感神経が過剰に働いている状態です。


パソコンなどの電磁波の影響で首に熱がこもりやすくなります。


それにより頭の方まで熱がこもることがあります。

また熱を帯びた首回りは緊張し、
リラックスの神経の副交感神経の通りを悪くして、
交感神経が過剰に働くのを助長します。



東洋医学での見解は肝が熱の制御をできなくなったことにより起きていると考えます。



鍼灸施術とモルフォセラピーにて、施術を行いました。


上部の熱を発散させて、熱の循環を良くしました。


また首や背骨の歪みを矯正し、神経の通りを良くしていきました。


その場でのぼせと頭痛は改善されました。


適度な運動の仕方と、簡単なストレッチを伝えさせて頂き、自宅でもセルフケアを行ってもらうことになりました。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。

天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は、日曜祝日も診療しています。



気になる方はご連絡ください(^^)

2020.6.28

首からくる頭痛

40代女性。デスクワークにて勤務。

デスクワークによる首肩こりに悩みがあり、さらに酷いときは頭痛まで出てくるとのことです。


頭痛が出るときは決まって、右側のこめかみの部分だそうです。
おそらくその原因は、右の『胸鎖乳突筋』の硬さからきているものだと考えられました。

その筋肉を押して緩めると、頭痛が一時的に緩和することから、この『胸鎖乳突筋』にあまり負担をかけ過ぎないようにすることが必要になってきます。


モルフォセラピーにて治療を行い、その場で頭痛が軽減しました。
しかし、仰向けで寝ている時の首のアーチが落ちすぎていることが、原因で『胸鎖乳突筋』が硬くなっていることがわかりました。

この方、普段は枕を使っていないとのことでした。
枕を使わない生活を続けたことにより、本来の首のアーチが失われていました。

治療を続ける中で、少しずつ枕を使う生活に慣れてもらったことで、今は頭痛の頻度が以前と比べ大幅に減ってきています!


頭痛で悩まれている方。
枕を正しく使えていますか??

その枕があなたの『頭痛』の本当の原因かもしれませんよ。

頭痛でお悩みの方、品川・高輪・天王洲から通えるリフレ鍼灸整骨院までご相談ください!

2020.6.26

症例報告【肩こりが酷い方の頭痛】



こんにちは。
リフレ鍼灸整骨院の大森です。
今回は、治療の前後で頭痛の症状に変化が出た方の症例になります。


◇20代
◇女性
◇会社員


【症状・発生機序】

元々肩こりをすごく感じており、この日も肩こりを治療するために来院されていました。
症状などのお話を聞いていくうちに、こういった日には必ず頭痛を伴うことが多く日によっては薬が手放せない日もあったそうです。

肩甲骨周りに重さを感じており、尚且つ筋肉が緊張しているのかもあまりよくわからない、といった状態でした。



【お体の状態と施術】

お体を実際に触らせていただいたところ、筋肉の緊張はかなりあり、その周辺の椎骨や肩甲骨もズレはかなりありました。

筋肉の緊張がかなり強く出ていたので、頭痛の痛み方などを聞き、施術に入りました。
施術としては、筋肉の緊張をとるための施術と、椎骨のズレを戻していく骨格矯正を行いました。

【施術後の状態】

施術の最中に頭痛も減少され、施術後は少し張り感は残るも施術前と比べてかなり減少しました。



品川駅にお勤めの方。
港南口にお住みの方。
天王洲アイルに御用がある方。
どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。
当院は、日曜祝日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^_^)

2020.6.26

肋骨のズレからくる腰痛

40代女性。デスクワークにて勤務。


慢性的に右側の腰部に痛みがあり、特に朝起き上がる時の痛みが顕著に出るとのことです。


 腰椎のズレや骨盤のズレが大きいため、モルフォセラピーにて治療をしました。

その方は、治療をした後の痛みは消えて楽になっているのですが、次の来院した時にはまた痛みが戻っている状況でした。


その場の痛みの変化だけではなく、日常的に楽な状態になってもらうため、改めて検査をしていきました。

 肋骨も全体的に上に上がっているようなズレをしていたため、肋骨のズレをモルフォセラピーにて重点的に行ったところ、朝起きた時の痛みも和らぎ、次の来院時にも痛みが戻ることなく、少しずつ改善する変化がみられました!


肋骨のズレを改善していくと、腰椎や骨盤の動きが良くなっていきます!
それが腰痛改善にも繋がっていきます。


慢性的な腰痛でお悩みの方、もしかしたらあなたの腰痛は『肋骨のズレ』が原因かもしれません。


品川、天王洲、高輪からも通えるリフレ鍼灸整骨院に一度ご相談ください!

2020.6.14

1 / 2612345...1020...最後 »

メールでのお問い合わせ

電話をかける