TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

足関節の重要性

皆さんこんにちは!
リフレ鍼灸整骨院の藤田です!
本日は足関節アーチの重要性についてお書きしようかと思います。
皆さんは足関節の構造についてどのくらいの理解がありますでしょうか?足関節とは、日常生活でも運動時でも必ずと言っていいほど使用する関節になります。
身体を支える為の重要な役割を果たしてくれています。

では、詳しく足関節がどのような構造になっているのか、足関節が上手く使えないとどのようなことが起こってくるのかをご説明させていただきます。
足の裏にアーチがあるという話はご存知の方も多いと思います。しかし、一般的に知られているのは足の内側にある内側縦アーチというものになります。
実は、足の裏には3つのアーチが存在するのです。一つは先ほどお話しした内側縦アーチ、もう一つは足の指の根っこの部分を横に走る横アーチ、
そして最後の一つが足の外側にある外側縦アーチになります。以上の3つのアーチ構造によって、私たちが普段から歩くときや走るときなどの
足にかかってくる衝撃を吸収して逃がしてくれています。

 

では、上の3つのアーチが無かったとしたらどうなるでしょう?歩くとき、走る時の衝撃が吸収できず様々な不調を起こしてしまいます。
ランニングを日常的に行っている方だと、足の裏の走る時に主に使われる筋肉に負荷がかかり、足底腱膜炎になってしまうこともあります。
他にもアーチの低下による偏平足と呼ばれる足の状態になります。偏平足になると今度は外反母趾になっていく可能性が高いです。

 

横アーチの機能的役割として、足の指と指の間を少し広げて上手く指が使えるようにするというものがあります。
横アーチが上手く形成されていないと、指同士の幅が狭まることにより指が上手く使えず外反母趾になってしまいます。
外反母趾の要因としては靴の横幅なども原因の一つにはなりますが、アーチの低下も関与してくるのです。

ここまででアーチの重要性は理解して頂けたかと思います。ここで少し豆知識をお話しします。

 

人間のようなアーチを持つ動物は他にいると思いますか?
 

 

正解は、いません。アーチを持つのは人だけなのです。四足歩行動物は背中から重力を受けるので、人で言うと膝の部分にかかとがあります。
かかとから先が人に比べると異常に長いと思って頂けるとわかりやすいかと思います。
動物と違い、人だけは直立して重力を真上から受ける為、アーチと言う構造が必要になったのです。
このアーチと言う構造はとても理にかなった構造になっています。

人の足の構造についてかの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチはこう評価しています。
「足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である」と。
芸術家の観点から見ても人の足関節の構造はこれだけ素晴らしいものなのです。
素晴らしいものであるならばやはり正しい使い方をしていかなければなりません。足関節が正しく使えないだけで、
周りの筋肉にも悪い影響を及ぼしてしまいます。当院ではアーチなど足関節を正常な状態で使えるようになるソックスや
手技などを使って不調改善をさせていきます!
もし品川駅港南口近辺やそうでない方でも、お困りのことがあればぜひご連絡ください!!
リフレ鍼灸整骨院でお待ちしております!!

2018.9.29

メールでのお問い合わせ

電話をかける