TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

血液循環について

こんにちは、リフレの寺内です!

 

今回は血液について書いていきます。

血液循環が良くなることは身体にとって良いことだってことは知っている、聞いたことがあると思います!

 

しかし、
なぜ身体にとって良いのか、
どんな良いことがあるのか、
そこまでは分からないですよね!

 

なので今回は血液の役割から説明させて頂きます!

 

まず、ヒトの血液は体重の約8%あると言われています。

体重が60kgの方の場合、4.8kgが血液によるものになります。
結構多いですよね!

 

血液は、

 

・赤血球 【運搬機能】
・白血球 【免疫機能】
・血小板 【止血作用】
・血漿 【浸透圧維持】

 

といった風に分かれています!

 

同じ血液でもそれぞれ体内では違った役割を果たしています。

 

簡単に言うと、血液循環が良くなるとこれらの機能が促進されて身体に良い影響を及ぼします。
といっても、分かりにくいと思うのでもう少し細かくお伝えします。

 

まず、運搬機能が促進されると、

 

体内に栄養分や酸素が十分に行き渡ります!
それだけでなく、老廃物の吸収も手助けしてくれます!

 

そうすると、筋肉であればコリの原因になる老廃物を吸収して、代わりに栄養分や酸素を与えてくれます!
そうすることで、筋肉の緊張がとれてコリの改善に繋がります!
また、血液は全身に巡るので、循環が良くなることで冷えの改善にも効果があります。

 

次は免疫機能です。

 

ここには自律神経が大きく関わってきます!
要するに、交感神経と副交感神経です!

 

血液循環が良くなることでこの自律神経のバランスが整います!

 

その中でも、

副交感神経は
・身体を回復させる
・内臓の機能を高める
・免疫機能を正常にする
作用があります。

 

血液循環が良くなり、自律神経が整うことで、免疫力が上がります。

それだけでなく本来、人が持っている自然回復力も高まってきます!

 

最後に、浸透圧維持機能についてです。

 

人の身体は内部環境を一定に保とうとする性質があります!

浸透圧というのは、その中でも体液量や水分量を一定に保とうとします。

 

 

むくみを例に挙げて話します。
むくみはこの浸透圧が大きく関わっています。
本来ある体液量のバランスが崩れることでむくみは生じます。

 

 

まとめると、血液循環が悪くなることで、この浸透圧維持機能が下がります。
すると、本来一定に保たれているバランスが崩れます。
そうすることで起きてくるのがむくみということです。

 

そう考えると、血液循環が良くなるとこのむくみも改善されるということです!

 

今回は血液循環が良くなることで身体に起こるいい影響をまとめてみました!

 

 

品川駅港南口のリフレ鍼灸整骨院ではモルフォセラピーを用いて、
血液循環を良くしたり、
自律神経を整えたり、
自然回復力を高めることが可能です!
ご興味ある方は是非ご相談下さい!

2019.8.31

メールでのお問い合わせ

電話をかける