TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

花粉症でお悩みの方

こんにちは、リフレの雨宮です!

今回は『花粉症』についてお話していきます。

 

この季節になると、悩まされる方も多いのではないでしょうか。

 

花粉症・・・植物の花粉がによりアレルギー反応がでる、季節性のアレルギー性疾患です。患者数は年々増加傾向といわれ、国民の約25%(4人に1人)がかかっていると言われています。

 

原因となる植物で多いのが、スギやヒノキ、イネ、ヨモギ、ブタクサ、シラカンバなどが多いと言われています。日本には杉の木が多い為、スギ花粉症を占める割合が多いと言われています。
一つの説では、戦後に各地に杉の木が植林され、それが成長したことが、花粉症患者さんを多くしている原因ともいわれています。

 

 

・スギ・・・1月以降
・ヒノキ・・・3月以降
・イネ・・・5~6月
・ブタクサ・・・8~10月
・ヨモギ・・・8~10月

 

気象条件によって、飛散する量や飛散場所、飛散時期が変わります。
関東、東海地方ではスギ花粉が多く、九州ではヒノキ花粉症が多いと言われます。

 

症状・・・『くしゃみ』『鼻づまり』『鼻水』『目の痒み』『目の充血』なども起こってきます。

 

基本的に花粉症は一度かかると、完治できないと言われています。

ただし、しっかりとした対策をすれば薬だけに頼らず、快適な生活が送れるかもしれません。免疫力を高めることで、花粉症の症状が緩和されることが考えられます。

 

①腸内環境を整える

腸内で、乳酸菌などの善玉菌が活躍し、免疫細胞が働きやすいようにしてくれます。

善玉菌を増やすには、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品がオススメです。
そして善玉菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂り入れましょう!

 

②粘膜や細胞の強化

全身を守っている粘膜を強くするには、タンパク質、ビタミンが必要になります。

ビタミンA・・・粘膜を健康に保つ
ビタミンB2・・・細胞の再生を助け、粘膜を保護する
ビタミンB6・・・タンパク質の合成に必要

〈おすすめの食材〉

レバー、うなぎ、さんま、さば、あじ等の青魚

 

③免疫細胞を活性化

抗酸化物質の『フィトケミカル』を食事から摂り入れる。

このフィトケミカルが免疫細胞を活性酸素から守り、免疫細胞の活性化に役立ちます。

 

〈おすすめの食材〉
キノコ、ニンニク、ネギ、海藻類に多く入っていると言われています。

 

ビタミンCも免疫の活性化に欠かせません。

ストレスを感じやすい人、お酒をよく飲む人、たばこを吸う人はビタミンCの消費量が多くなるため、余分に補うことが大事です。

 

体の歪みが大きい人も、血流の流れが悪くなったり、自律神経が乱れるため、免疫力が著しく低下します。

当院ではモルフォセラピーにて、背骨を中心に骨格矯正ができます!
お身体の不調でお悩みの方は、是非モルフォセラピーを受けてみてください!!

2019.3.29

メールでのお問い合わせ

電話をかける