TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

硬水と軟水について

こんにちは!リフレの寺内です!

 

 

普段、お水飲んでますか?

また、なんのお水を飲んでますか?

 

一言に水といってもたくさん種類があります。

 

水道水、ミネラルウォーター、炭酸水、アルカリ性電解水など

他にもさまざまな種類があります。

 

アルカリ性電解水とは水素水などがあげられます。

 

普段私たちが口にするのは、ミネラルウォーターが多いと思います。

 

 

よく聞く、硬水とか軟水はこのミネラルウォーターの分類になります。

 

なので今回は硬水と軟水についてのお話をしていきます。

 

 

まず、どうやって分類されているかというと、

水の硬度の違いになります。

 

水1ℓあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、

硬水か軟水かに分けられます。

 

WHOによる基準によると、

 

・軟水         60mg/L未満

・中等度の硬水 60〜120mg/L

・硬水         120〜180mg/L

・非常な硬水   180mg/L以上

 

と分けられます。

 

次にそれぞれの特徴についてまとめていきます。

 

 

硬水

 

硬水はミネラルが多く含まれているため、口当たりが重く苦味を感じます。

1番のメリットとしては、便通改善が見込まれるということです!

 

硬水に多く含まれるマグネシウムは、下剤として使われることもあります。

そのため、便秘気味の方は硬水を飲んでみるのも良いかと思います!

 

 

逆に胃腸が弱い方だとお腹を下すこともあります。

また、過剰なミネラルは肌や髪への刺激となります。

 

よく海外でシャンプーをしたら髪がキシキシ・ゴワゴワになってしまったという話を聞きますよね。これは硬水に含まれるミネラルが原因です。

海外では硬水が主流となっています。

海水浴のあとに髪がバサバサになってしまうのも、海水に含まれるミネラルが影響しています。

 

軟水

 

口当たりがまろやかでさっぱりとした風味が特徴です。

日本では軟水が主流となっています。

 

マグネシウムの含有量が少ないため、肌や髪、お腹にも優しいとされています。

そのため、赤ちゃんや小さなお子さんにも安心して与えることができます。

 

また、老廃物の排出を促し、デトックス効果や角質除去にも適しているので、

美肌効果も期待できます。

 

反対に、軟水からミネラルを摂取することはできません。

日本人はミネラル不足になりがちだと言われています。

 

軟水を飲んでいる方は、別の方法でミネラルを摂取することが必要になってきます。

 

硬水にも軟水にもメリット、デメリットがあります。

自分に合ったお水を選んでみてください!

 

品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。

天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越し下さい。

当院は、日曜祝日も診療しています。

 

気になる方はご連絡ください^_^

2020.6.25

メールでのお問い合わせ

電話をかける