TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

日焼け対策

こんにちは!リフレの雨宮です。

 

この梅雨の時期が終わると『夏』が来ますね!

太陽も容赦なく、ジリジリと私たちの皮膚を焼いていく時期になってきます。

 

女性の方々は徹底して日焼け対策をされている方も多いのではないでしょうか。

 

ドラッグストアにたくさんの日焼け止めが置かれていますが、種類が多くてどれを選べばいいのかわからない。

そういう方も多いと思います。

 

今回は日焼けとはどういうことが体で起こっているか。また対策法などをお伝えしていきます!

 

日焼け・・・太陽の光を浴びることで生じる皮膚反応。肌が軽い火傷を起こしたように赤く変化し、ヒリヒリとした痛みを伴います。

またそれらが繰り返されると、しみやしわ、皮膚がんが誘発されると言われています。

 

 

太陽光の中に『紫外線』があります。

これはみなさんもよく耳にすると思います。

その紫外線の中に『UVB』や『UVA』があります。

『UVB』は皮膚の細胞に対する影響が大きいと言われ、『UVA』は障害の程度は強くないがより深くまで到達するものです。

厳密にいうと『UVC』もあるのですが、大気中で減衰するためほとんど影響はありません。

 

 

紫外線を浴びると、皮膚の中にあるDNAが傷つきます。DNA は遺伝情報が組み込まれているため、とても大事なものです。

それを修復しようと反応を起こしたものが、炎症反応としてでます。

これがいわゆる『日焼け』というものです。

 

 

みなさん、日焼け止めは使っていますか?

 

『PA』や『SPF』などいろいろと種類があるので、何を買えばいいか悩みますよね。

 

PA・・・UVAを抑える効果を表す指標

SPF・・・UVBを抑える効果を表す指標

 

〇SPFとは?

UVBの影響をどれだけ少なく出来るかという数値。

肌への赤みや炎症、黒化に繋がりやすいのは『UVB』ですので、それらが気になる方は、このSPF数値が高い方が、より効果を発揮できます。

 

〇PAとは?

UVAを防ぐのにはこのPA数値が高いものがオススメです。

 

UVAは、肌のより深層にダメージを与えるので、シミやシワができやすくなったり、肌の弾力が失われやすいです。

それらが気になる方は、このPA数値が高いものをオススメします。

 

 

〇こまめな塗り直しが大切!!

 

特に日焼け止めを重宝する時期は、汗をかく季節ですよね。

汗や皮脂、そしてその汗をぬぐったりするタオルなどの影響で、効果が落ちてきます。

 

2時間おきぐらいに塗り直しをしましょう!

 

 

7月・8月の夏の季節だけ気にしている人!!

 

実は・・・・東京は4月から紫外線の量が非常に強くなるというデータが『WHO(世界保健機関)』で発表がされているのです!

 

WHOが出している『UVインデックス』というデータがあります。

 

1~11+の数値で表し、1~2弱い、3~5中程度、6~7強い、8~10非常に強い、11+極端に強いとなります。

 

日本では最も高い数値が7月の『10』。4~10月は『8もしくは9』という数値が出ています。

 

 

〇豆知識

 

日本の南にある国、『オーストラリア』。

 

世界の中でも、オーストラリアは紫外線が強いです。

その理由として、オゾン層(紫外線を吸収するもの)がオーストラリア付近では薄いからと言われています。

 

なんと、皮膚がんの発生率が『世界一』なのです。

 

3人に2人は皮膚がんを発症しているデータです。

 

 

これを聞くと、夏の時期だけだし・・・と言って、甘く見るのも怖いですよね。

 

 

これからの季節、バッチリ日焼け対策していきましょう!!

2020.6.26

メールでのお問い合わせ

電話をかける