TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

夏の過ごし方

こんにちは。リフレ鍼灸整骨院の行田です。
梅雨も明けて、毎日暑い日が続いていますね。

 

今回は夏の過ごし方について書いていきます。

 

夏は自然界では植物の成長は盛んになり、花を咲かせ、実をつけます。

 

私たちも自然界の一部として生活していますので、例外なく季節の影響を受けます。

 

人も夏の季節は活力に満ち溢れ、活動的な状態にあります。
氣(エネルギー)が一年の中で一番旺盛になるのが夏なのです。

 

しかし、それに伴い、身体を構成する氣、血、津液(水分)の消耗が激しくもなるので、
エネルギーの摂取やこまめな水分補給というのは必須になります。

 

夏は暑さに加えて湿度が高いのも特徴です。
この湿度により消化器は弱ってしまいます。

 

エネルギーを補充したいのに消化器が弱ってしまうとエネルギー消費の高い夏の身体には堪えます。
活力は失われて、身体はだるく、身体を動かすのも億劫という状態になるかもしれません。

 

夏でも温かいものを摂取したり、消化に良いものを食べたりすることが大事になってきます。
白湯を飲む習慣を作ってもらうのも良いですよ。

 

また、軽い運動を行うことにより水分の循環が良くなり、湿度対策になり消化器のケアになります。

 

現代では冷房による身体の冷えもあります。

 

冷房のきいている涼しい部屋から暑い外に出たり入ったりします。
その気温差を身体が何度も受けることにより、冷えだけでなく自律神経も乱れやすくなります。

 

それにより消化器の調子をさらに悪くしてしまうのです。

 

ただ、ここ数年の暑さは尋常じゃなく、熱中症になるリスクが高いので冷房は必須です。自宅で冷房を使う時は高めの温度で設定している方が身体に負担は少ないです。

 

自宅以外の場所では、ブランケット等を使い冷え対策をしてください。

 

夏でも湯船には毎日つかり、身体を温めるようにしてください。

 

夏の季節は東洋医学で言う“心”の活動が活発になります。
その分、心が疲れやすくなる季節ともいえます。

 

待ち合わせ場所に焦って向かったり、怒ることが多かったり等、気持ちに余裕がない状態を作ると心を痛めることになります。
それにより動悸が起きやすくなったりもします。

 

夏は時間に余裕を持ち、なるべくゆったりと過ごすことを心がけてみてください。

 

 

 

☆夏の過ごし方のまとめ♪
①軽い運動を行い、冷たい飲みものは避けましょう。
白湯を飲む習慣を作るのがオススメです。

 

②夏でも毎日湯船につかり身体を温めましょう。

 

③ブランケットや温かい靴下で冷房対策を行いましょう。

 

④こまめな水分補給を行い、なるべく消化に良いものを摂取しましょう。

 

他にも夏のおすすめのツボなんかもありますので、気軽に聞いてください。

 

夏に調子が悪くなりやすい。
冷房病の対策をしているけど今一つ効果がない。
等のお悩みがある方は、品川駅港南口にあるリフレ鍼灸整骨院に気軽にお問い合わせください。

2019.8.3

メールでのお問い合わせ

電話をかける