TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

ヘルニアについて

こんにちは!遠藤です。

今回は皆さんも耳にしたことがあると思います。

「ヘルニア」についてお話しをしていきます。

 

「ヘルニア」というと重度の腰痛のイメージがあると思います。

手術の対象になっていたり、重度な場合は入院になる場合もあるので、重症なイメージがすごく強いと思います。

 

症状としては、腰の強い痛みや下肢への痺れなどがあります。

 

リフレでも相談にいらっしゃる方が多くいます。

皆さん口を揃えて言われるのは、「手術はしたくない。。。」です。

当然ですよね。

手術をしないで、痛みが無くなるならばそっちの方がいいに決まっています。

 

ただ、強い痛みや強い痺れがある為に、手術に踏み切る方が多くいます。

 

 

しかし、その痺れや痛みが本当に「ヘルニア」によるものなのでしょうか。

「ヘルニア」とは背骨の骨と骨の間にある椎間板と呼ばれる軟骨から、何らかの影響を受けて中にある髄核と言われるゼリー状のものが突出した状態です。

これが神経を圧迫することによって痺れや痛みが現れます。

このように、「ヘルニア」とは状態を表すものであり、症状を表すものではありません。

つまり、「ヘルニア」になっても神経を圧迫しない限り症状は現れないのです。

ここがかなり重要です。

 

腰痛を抱えてレントゲンを撮った際に「ヘルニア」と言われたとします。

しかし、この段階では腰痛が「ヘルニア」によるものなのか判断はつきません。

なぜなら、レントゲンでは骨や椎間板 髄核しかうつらず、神経が
うつりません。

なので、神経を圧迫していると確定することはできないのです。

うつっていないものが圧迫されているかはわからないですよね?

 

「ヘルニア」除去の手術をしても痛みが残ることがあります。

この場合は腰痛が「ヘルニア」によるものではなかった証明になります。

それではなんのための手術なのかわかりません。

 

リフレにいらっしゃる患者さんでも「手術をしたけど、痛みが無くならない」
「手術をした後はよかったけど、再発した」などと言われる方も多いです。

「ヘルニア」を除去したのに、症状が残っていたり、再発するのはおかしな話ですよね?

 

手術は身体とお財布に大きな負担をかけます。

言われた事を鵜呑みにしてその場で判断しないようにしましょう。

それは、僕たちの話しもそうです。

今の医学はまだ発展途上であり、完成したものではありません。

 

誰があっていて、誰が間違っているということはありません。

皆さんが色々な情報に触れて、何が信じられるか、何が間違っているのか。

しっかりと判断していただきたいです。

 

あなたを守るのはあなたしかいません。

このブログがそのために少しでも役にたてれば幸いです。

 

リフレでは、相談も受け付けています。

これは病院に行った方がいいのか?

病院に行くとしたら何科に行けばいいのか?

リフレや近所の整骨院で診てもらえるのか?

などどんな相談でもかまいません。

 

品川駅付近にお住まいだったり、勤務されている方々に少しでも貢献していきたいと思っていますので、お気軽にいらしてください。

2019.4.19

メールでのお問い合わせ

電話をかける