TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

コロナ腰痛に負けない!①

皆さんこんにちは!リフレ鍼灸整骨院の藤田です!

 

最近はコロナウィルスの影響で在宅勤務や外出自粛で外に出られず腰痛が出てきている方がとても多くなってきたので、今回は在宅中にできる腰痛ケアについてお話をしていこうと思います!

 

まず初めに、腰痛には原因別にいくつかタイプがあります。

 

筋肉が原因で起こっている腰痛や、腰椎と呼ばれる腰の背骨の関節が原因となる腰痛や、骨盤の関節が原因となるものなどが代表として挙げられます。

 

または、腰椎のヘルニア脊柱管狭窄症なども腰痛を引き起こす原因となりますね。

 

日常生活や今までしてきた怪我の後遺症などでも人の体のバランスは容易に変化していきます。その中でも腰痛に関連しやすい筋肉があります。

 

下記にケア方法をまとめていきます!

 

 

大腰筋

 

 

 

※赤くなっている筋肉です

 

大腰筋は腰椎から太ももの内側についてくる筋肉です!股関節をお腹側に曲げていくときに主に使われる筋肉です

 

デスクワークの方など常に座っている姿勢が続いてくると、この筋肉が常に短縮している状態になります。

 

短縮が続いてくると、腰椎についている部分を引っ張る力が出てきます。そのため腰椎の動きが悪くなったり、腰椎の動きが悪くなるせいで周りについてくる筋肉などに過剰な負荷がかかりやすくなってしまいます

 

 

そんな大腰筋へのセルフケアにお勧めなのが一人用の上向きでするセルフケアです!!

 

 

 

 

骨盤のそばの出っ張っている骨を触ります。

 

 

 

 

 

 

先ほど触っていた骨から指2本分内側の部分を斜め45°の角度で押していきます。

この時点でほとんどの方が痛みを感じますが、その場合は押す力を少しだけ緩めて下さい!

 

 

 

 

 

先ほどのポイントを押した状態のまま股関節を曲げていきます90°以上股関節が曲がったら今度は股関節を伸ばしていきます。伸ばすときも先ほどのポイントは押したままにしましょう!

 

両方の股関節を10回ずつを1セットとして1日2セットほどを継続していきましょう!

 

股関節を曲げ伸ばしする大腰筋に対してのセルフケアは理解できたでしょうか?

 

 

このセルフケアは在宅中で一人でもできますのでぜひぜひ実践してみて下さい!痛くても諦めないでくださいね!(笑)

 

この大腰筋は僕自身患者さんの身体を診ていくときに必ずと言っていいほど確認していく筋肉です!

特に品川ではデスクワークの方が多いのでいつもチェックしてます!

 

コロナウィルスもいつ落ち着くか分からない中での在宅勤務や外出自粛は心も体も蝕んでいくとは思いますが、体のケアをしてコロナ腰痛を吹き飛ばしましょう!!

 

 

品川駅にお勤めの方や港南口にお住みの方または天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は、日曜祝日も診療しています。

 

気になる方はご連絡ください(^^)

2020.5.19

メールでのお問い合わせ

電話をかける