TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

ウォーキングしてみましょう!

こんにちは、リフレの雨宮です!

 

今回は「歩くことの大切さ」をお伝えしていきます。

 

皆さんは、日ごろ運動はされていますか?

週末は好きなスポーツをしたり、ジムに通ってトレーニングマシンを使ってバリバリ鍛えてる方や、マシーンを使わず家で自重トレーニングをされている方もいると思います。

最近は健康志向が広まり、少しずつ運動をする方が増えてきましたが、それでも少数です。

「運動はしたいけど、ジムに通っても続かなくてお金がもったいない。」

「筋トレは辛くて続かないかも。。。」

という方が多いのではないでしょうか。

 

『まずはウォーキングから始めましょう!』

 

なぜウォーキングなのか。

 

人の骨盤は二足歩行をするために進化した構造になっています。

正しいフォームでウォーキングすることで、骨盤本来の動きを取り戻すことができるからです!

 

骨盤の歪みを最小限に抑えると、身体の不調が出にくくなります。

 

身体の土台である骨盤の歪みがでると、連動して背骨もズレてきます。そのズレが神経を圧迫したり、血流を悪くしたりします。またさらに、波及して他の場所にも歪みを引き起こします。

 

そして痛みや不調のほとんどは、血行不良や神経圧迫になっていることが原因で起こるため、不調をなくしていくのには血流の改善、すなわち骨盤の状態を良くしていくことが必須になります。

 

ジムに通ったり、ジョギングをしたり、筋トレをするのは三日坊主になったとしても、『歩く』という行動は、無意識に繰り返しています。

 

なので、ウォーキングをオススメします!!

 

体力をつけたり、心拍機能を向上させるのであればランニングをオススメします。

筋肉をつけたい方は筋トレをオススメします。

 

〈歩く際のポイント〉

1、目線はやや遠くを見る
2、歩幅は広めで、着地はかかとから
3、肘を曲90度くらいに曲げ、前後に大きく振る
4、時間は40分を目安にする

 

※研究結果のよると、連続歩行が30分を超えない場合、身体の改善がほぼみられませんでした。40分以上から多くの方が疲れを感じ、歩く姿勢が崩れてしまうため、40分がオススメです!

 

ウォーキングにより、足の筋肉をたくさん使います。足の筋肉の中でも大事なのは、ふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉です。ふくらはぎは第二の心臓ともいわれます。
ふくらはぎが上手く使えないと、ふくらはぎに血液が溜まりむくみが起きます。
それだけでなく、全身の血流も悪くなり、全身の不調へとつながります。

 

他にも、脳にもいい影響があります。
歩くことで『セロトニン』が増えます。セロトニンが整うとストレスに強い脳環境になります。
逆にセロトニンが減ると、うつ状態や精神的な症状がでやすいと言われています。
基本的には、投薬にてセロトニンを整えるのですが、それがウォーキングで整うのです。

 

ウォーキングは健康への第一歩です。

 

ちなみに、雨宮も仕事終わりに2,3駅前で下車し歩いたりしています!!

始めてからだいぶ身体が軽くなりました!

 

みなさんも是非始めてみてください。

2018.9.18

メールでのお問い合わせ

電話をかける