TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

自律神経の乱れによる鼻のつまり感

・40代
・女性
・デスクワーク


1. 発生理由
仕事が忙しくなるにつれて鼻が詰まってくる


2.受診理由
鼻ではなく長年の肩こりが辛いとのことで来院されました。


3.体の状態と施術内容

首や肩周りの緊張が強く、慢性的に辛いが最近特につらいとのことでした。

睡眠も最近はうまく取れていないとのことで、入眠困難が目立っていました。

肩こりに際して鼻の詰まり感もでており、本人的には風邪かな?くらいに思っていたそうです。

ただ、数日経っても一向に変化が見られず気になっていたとのことでした。

入眠困難の症状は仕事の忙しさによって時折気になるとのことでした。

体の状態を診ていくと、もっとも気になったのはお腹の固さと骨盤のズレでした。

座っている姿勢から右側に荷重が乗っているように体が傾いていました。


入眠困難改善のため、モルフォセラピーにてお腹と骨盤の調整を始めたところ、初回の施術時で鼻の詰まりが完全になくなりました。

入眠困難に関しては大きな変化は見られませんでしたが、起床時の眠い状態はかなり改善されたとのことでした。

それに伴い緩やかに肩こりも改善していき、現在はほとんど肩こりを感じなくなりました。


症状再発防止のため、月に二回メンテナンスを行っています。


4.受診後の患者さんの感想
どこに行ってもここまで改善を実感することはなかったと喜んで頂けました。


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛みや不調
・施術してもすぐに痛みや不調が戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.12

自律神経の乱れによる喉の詰まり感

・30代
・男性
・デスクワーク


1. 発生理由
ストレスを感じることがありその辺りから出ている。


2.受診理由
御友人に紹介されて来院されました。


3.体の状態と施術内容
ストレスを感じる出来事があってから喉の詰まり感が気になるようになり、イライラしやすい、胃がもたれるなどの症状も出てきたようです。

喉は痰が絡まったような感覚だけど、痰を出そうとしても何も出ないとのことでした。

喉の詰まり感は、自律神経の乱れなどから喉の筋肉が収縮することにより起きるといわれています。

逆流性食道炎でも喉の筋肉の収縮が起こりますが、病院では問題ないと診断されたようなので、この方の場合はストレスによる自律神経の乱れから喉の筋肉の収縮が起きていると考えられます。

東洋医学ではこのような喉の詰まり感を「梅核氣」と呼びます。

この梅核氣の正体は喉や胸で滞った氣と考えています。

氣の流れがスムーズでない状態です。


氣の流れをスムーズに行う役割を担っている五臓六腑が「肝」です。

肝の機能が低下すると、のぼせ、イライラ、胃もたれ、強い肩こりなどの症状が出てくることがあります。

鍼灸施術にて肝を中心に五臓六腑のバランスを整え、モルフォセラピーにて背骨を整えて自律神経の安定をはかりました。

施術後すぐに喉の詰まり感が小さくなった感覚を感じていただけました。

計6回の施術で喉の詰まり感は消失し、胃もたれなどの症状も改善されました。



4.受診後の患者さんの感想
喉の詰まり感が出始める前よりも元気になりましたと喜んでいただけました。


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛みや不調
・施術してもすぐに痛みや不調が戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.16

寝れないのは自律神経の乱れ

・20代
・女性
・デスクワーク


1. 発生理由
 最近忙しく寝不足が続いていた。


2.受診理由
 いざ寝ようとしても、以前みたいにすぐに寝付けなくなってしまい、その日が続いているため来院されました。



3.体の状態と施術内容
 2週間ほど寝不足が続いていて、通常なら夜中の1時には就寝していたところ、ここ最近は3時に就寝するようになっていた。

 最初のうちは問題なかったが、だんだんと仕事中に眠くなって仕事に集中できなくなっているようでした。
 
 この生活が続くと良くないと感じ、少しでも早く寝ようとするも体のリズムができているのか、すぐには改善できない状態で疲れも溜まっていたため来て頂きました。

 
 自律神経は、呼吸・脈拍・血流・消化・吸収・免疫・体温調整などに関わってきます。
 これが乱れることなく整っていれば、腸内環境が整い、全身の血流が良くなります。

 しかし、自律神経は簡単に乱れます。
 
 ここ最近だとコロナウイルスによる精神的ストレスやステイホームによる運動不足などが、自律神経の乱れを引き起こしています。

 自律神経の乱れが出ると、最初は睡眠に障害が出てきます。
 そして寝れないとさらに乱れるという、悪循環が始まります。

 当院ではモルフォセラピーという整体方法で、体のバランスを整えて自律神経にもアプローチをかけていきます。

 1回で劇的に良くなるのは難しいですが、治療を行った日の夜はとても良く寝れたという変化がありました。

 週に1回の治療で約2カ月ほど続け、今では以前と変わらない時間に寝れるようになりました。




4.受診後の患者さんの感想

 薬に頼らず、整体で良くなったので嬉しいです!というお声を頂きました。


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛みや不調
・施術してもすぐに痛みや不調が戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.10

自律神経の乱れによる生理痛

・30代
・女性
・デスクワーク


1. 発生理由
以前から出ているけどストレスを感じることがあってから強くなっている。


2.受診理由
痛みが強く仕事に支障が出ている為来院されました。


3.体の状態と施術内容
生理痛以外にも普段から体の冷えが強く、特に手足が冷えるようです。

貧血傾向にもあり、体のダルさやふらつきを感じることも多いようです。

そういった症状もここ最近強く出ているようです。

ストレスがかかる出来事により自律神経のバランスが崩れ、さらに血流循環が低下したと考えられます。

血液には体温調節の役割もあり、血流循環が低下すると体の冷えがおこります。

生理痛のメカニズムは全てが明らかになっていませんが、月経時に多く分泌されるプロスタグランジンという物質が関係していることが有力視されています。

プロスタグランジンは子宮を収縮させて月経血を排出させるのに役立つ反面、痛みを増強させる反応も起こします。

プロスタグランジンだけでは痛みを発さず、痛みを発する疼痛物質と合わさることにより痛みを強く出します。

生理痛においては子宮筋の貧血状態が起きると疼痛物質が出てきて、それがプロスタグランジンと合わさり生理痛が起きると言われています。

自律神経のバランスが崩れ血流循環が悪くなったことにより子宮筋の貧血状態が以前より起こりやすくなったと考えられます。


鍼灸施術やモルフォセラピーにて、自律神経のバランスを整えるように調整を行いました。

鍼灸施術ではお灸も行い、血の生成を促すツボにも刺激を行いました。

施術を開始してから翌月の月経から痛みが緩和されており3か月後には痛みが殆どなくなりました。





4.受診後の患者さんの感想
強くなった痛みだけじゃなく以前からある痛みも改善されて嬉しいですと喜んでいただいています。


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛みや不調
・施術してもすぐに痛みや不調が戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.9

朝食をとれば夏バテにはならん

・年齢 30代
・性別 女性
・仕事 デスクワーク


1. 発生理由

 メンテナンスで通っていただいている方が、夏バテで
 体がだるい、疲れが取れない、疲れているのに寝れない
 胃腸の調子が悪い、食欲がない、と辛そうにご来院されました。
 
 このような症状の方は、朝朝食をとっているか?冷房は適温でつけているか?と必ず聞く!
  
 朝食をとっていないと、自律神経が目覚めないので不調が起きやすい。
 冷房が適温でないと、リラックスできないので交感神経優位が続き不調になりやすい。

 その他にも、太陽の光を浴びないと睡眠が浅くなったり体が目覚めにくくなるなどの要因はある。

 今回の方は、朝食をとっていなかったことで自律神経の働きが悪く、夏バテの症状を出していた。
 

2.体の状態と施術内容

 体は、夏バテにより体温は高いが皮膚温は低い。皮膚温が低いのは汗によるもの。
 
 水分を多くとってもらい、汗を拭き、熱が放散するように血流を促進させたことでその場でスッキリしました。
 今後の体調管理として、少量でいいので朝食をとることを指導し、治療を終えました。

4.受診後の患者さんの感想

 夏バテがその場で楽になり、指導を守っていることで夏バテはあれからなっていないとのことです。



☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛み
・施術してもすぐに痛みが戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.12

取れない疲れは自律神経から

・40代
・男性
・デスクワーク


1. 発生理由
仕事の忙しさや人間関係のストレス


2.受診理由
疲れて取れずに日常生活を送るのが辛かった


3.体の状態と施術内容

数か月前から体の疲れが増悪していて、週末の休みを挟んでも疲れが残っていて辛いという状態でした。

疲れが残っている原因として考えられるは自律神経における、活発な活動をする際に働く交感神経が興奮していることが考えられます。

また、反対にリラックスに関与する副交感神経の働きが低下していることも考えられます。

お身体を確認すると、腹部のリラックスに働く副交感神経に関与するポイントの強い緊張がありました。

副交感神経は消化器などにも分布されているため、腹部の緊張が高まると働きが低下する恐れがあります。

また、腸機能が低下していたのか便秘などの症状が疲れと同時期に出ていました。


これらの症状から副交感神経系の問題が原因であると仮定して、モルフォセラピーにて腹部の緊張を取るための施術を始めました。

3回目で緊張が無くなり始め、このころから睡眠の質の変化と疲れに変化が見られました。

5回目が終了時には辛くなる前と変わらない状態になりましたが、この方の場合数週間が経つとストレスからか体の緊張が強くなりやすい傾向にありました。

そのため、現在は月に2回程メンテナンスを行い症状が悪化しないように経過を追っています。




 
4.受診後の患者さんの感想
話も聞いてくれて効果も高い施術なので今後も通わせてください。と喜んで頂けました!


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛みや不調
・施術してもすぐに痛みや不調が戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.4

風邪をひきたくなければ怒るな

・年齢 30代
・性別 女性
・仕事 デスクワーク


1. 発生理由

 元々、坐骨神経痛で通っていた常連さんです。
 「整体を受け始めてから、風邪をひかなくなった」といいます。
 
 僕は「当然です」と返しました。
 しかも、「今までより、怒らなくなりましたよね?」と聞くと
 常連さんは「確かにそうかも」といいます。
 
 このメカニズムは、簡単です。
 自律神経が関係しています。
 怒りっぽい人は大体、交感神経が優位です。交感神経が働くと顆粒球という免疫が働き、病気や症状を
 強く出してしまいます。
 大したウイルスでもないのに、免疫が騒ぐことで風邪の症状を出すといったところでしょう。

 

2.体の状態と施術内容

 体の筋肉はガチガチに収縮し、交感神経優位になっていました。
 さらに、仙骨や頚椎といった自律神経に関係する骨がズレていることで
 自律神経の働きがうまく行えていません。(リラックスの神経が働いていない)

 施術は、骨格を整えることで筋肉を緩め血行を良くし、自律神経の働きを正常に戻しました。

 怒ることで交感神経になり、交感神経のヒトは怒ることが増えます。
 整体により、交感神経の働きを抑えることで怒ることは減りますし、
 そうなれば過剰に免疫が反応しなくなります。

 だから、風邪もひかなくなったし、怒ることも減ったわけです。
 


3.受診後の患者さんの感想
 
 「一生整体受けます」とうれしいお言葉を戴きました。
 



☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛み
・施術してもすぐに痛みが戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.5

自律神経の乱れで起こる肋間神経痛

・40代
・女性
・デスクワーク


1. 発生理由
 仕事のトラブルや職場の人間関係によるストレス


2.受診理由
 肋骨周りに痛みや痒みが発症したため来院されました。


3.体の状態と施術内容
 来院された時の状態として、右側の肋骨に沿って痒みと痛みがあり、少し湿疹が出ている状態でした。
 どちらかというと、痒みの方が気になるようでした。

 前日に自宅で冷やしたり、温めたりなどしてみたがあまり変化がないとのことでした。

 その方の背骨と肋骨のズレが顕著に出ていたため、(特に胸椎3~5番目)モルフォセラピーにて矯正をしました。
 背骨が捻じれてズレていたために、神経を圧迫し交感神経を優位にしている状態でした。

 その中で仕事のストレスが加わったことにより、症状として出てきたと思われます。

 施術後、その場で痛みと痒みが軽減し、翌日にはだいぶ症状が治まっていたとのことでした。


4.受診後の患者さんの感想
 楽になり良かったです!というお声を頂きました。


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛みや不調
・施術してもすぐに痛みや不調が戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.3

自律神経の乱れによる頻尿

・30代
・女性
・デスクワーク


1. 発生理由
トラブルによるストレス


2.受診理由
仕事中何度も席を外すことになり支障が出ている為来院されました。


3.体の状態と施術内容
私生活でのトラブルがあったようで、頻尿以外にも動悸や不眠なども出やすくなったようです。

膀胱炎などはなく、頻尿や残尿感がある状態でした。

尿を溜める・排出するのは自律神経が関係してきます。

自律神経の交感神経により尿を膀胱に溜めていき、副交感神経で排出します。

この自律神経のバランスが崩れると、膀胱に尿を溜めておくことができずに尿意が頻繁に起こります。

排出機能も低下する為、残尿感も起こります。

この型の場合はトラブルによるストレスにより自律神経のバランスが崩れたことにより起きている可能性が高いです。

鍼灸施術とモルフォセラピーで自律神経のバランスを整えていきました。

トラブルの解決もあり、3週間程で改善されていきました。


4.受診後の患者さんの感想
一時はどうなるのか不安でしたが改善されて良かったですと喜んで頂いています。


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛みや不調
・施術してもすぐに痛みや不調が戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.8.2

寝付けない原因は自律神経だった

・20代
・女性
・デスクワーク


1. 発生理由
 転職してストレスがかかっている


2.受診理由
 入眠が困難になり、疲労が取れず困っていたため


3.体の状態と施術内容

 転職したものの人付き合いが得意ではなく、緊張している状態が続いている状態でした。

 肩こりは慢性的にあったものの、ここ最近は特にひどいとのこと・・・

 身体の状態を診ると、腹部の緊張が特に強くストレス反応が過剰に出ていました。

 常に体がこわばっている為、肩こりや腹部の緊張が出ていると考え、まずは自律神経の中でもリラックスに働く神経へのアプローチを行いました。

 特に頚部、腹部をモルフォセラピーにて施術したところ、初回の施術後肩こりはかなり楽になったとのことでした。

 入眠は腹部の緊張が取れ始めた3回目に変化が起き始め、10回の施術が終わるころにはよく眠れるようになっていました。


 生活指導として腹部の緊張を増大させないため、お酒を少なくすることと、コンビニ弁当などの化学物質を多く含む食品を摂ることを少なくするよう伝えました。

 飲酒は肝臓への負担から腹部の緊張が強くなり、コンビニ弁当は化学物質から身体のズレが大きくなることがあるからです。

 施術はもちろん大事ですが、生活習慣のも見直しも重要です。

 現在は再発防止のため、月に2回程メンテナンスを行っています。
 

4.受診後の患者さんの感想

 丁寧にお話を聞いてくれたので安心出来ました。何より施術効果が出ていることが日々の生活が自覚できたことが嬉しかったです。と喜んで頂けました。


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛みや不調
・施術してもすぐに痛みや不調が戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2021.7.29

メールでのお問い合わせ

電話をかける

リフレ鍼灸整骨院

リフレ鍼灸整骨院

〒108-0075
東京都港区港南2-5-5 港南OMTビル1F

Tel&Fax:03-3471-1293

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております