TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

産後の腱鞘炎

・20代
・女性
・育児休暇中

1. 発生理由

3ヶ月の子どもを抱っこしていて徐々に痛みが出てきて、
今は抱っこする度に右手首に痛みが起きる。


2.受診理由
痛みが引かず、増していく一方で 来院されました。


3.体の状態と施術内容
痛みが出ているところは腱鞘炎が起きやすい手首の部分でした。

腕の筋肉の緊張は強く、
それに加えて、抱っこや授乳をしていることにより肩が内に巻いていました。

それによりさらに腕の筋肉の緊張を助長していました。

施術は腕や痛みが出ているところだけではなく、
肩や背中からの影響も大きいためそちらからもアプローチを行いました。

鍼やモルフォセラピーにて整えたり、腱鞘炎を起こしているところにはお灸を行いました。

この方の場合は計6回の施術で痛みがその後出ることがなくなりました。



4.受診後の患者さんの感想
痛みがあっても抱っこしないわけにもいかなかったし、
痛みが取れて本当に良かったというお声を頂いております。


☆当院では、その方の生活背景や癖など、1人1人の不調の原因を見極めるように努めさせて頂いております。

・どこに行っても良くならない痛み
・施術してもすぐに痛みが戻ってしまう

1人1人の原因を見極めることによりこのようにお悩みの方に対しても喜んで頂いております。


品川駅にお勤めの方。

港南口にお住みの方。
天王洲アイルに用がある方。

どんな方でも構いませんので、気軽にお越しください。

当院は隔週で日曜日も診療しております。

気になる方はご連絡ください(^^)

2020.9.28

手首の痛み

50代女性、手首の痛みを訴えて来院されました。

3ヶ月前に一度手をついて手首を痛めてしまってからずっと痛みが引かなかったようでした。

整形外科を受診してもなかなかお時間が合わず、通うのも難しかったそうです。

最初に痛められてから時間も空いているため、前腕部の筋肉がかなり硬くなっていました。

日常生活では腱鞘炎に似通った痛みが出ており、ドアノブを捻ったり重いものを持ち上げたりする際にひどく痛みが出ていました。

手首の部分には肥厚も見られて、少し腫れぼったい状態でした。

まず初めに、首の矯正から始めました。
手首を痛めて、前腕部の筋肉も硬い状態ですと、神経の通りなどもかなり悪くなってくるためです。

姿勢に関しても猫背になっていたため姿勢が真っ直ぐになるように肩甲骨や胸椎などの調整も細かくしていきました。

主訴としては手首の痛みなので、肘周りの可動域の改善させていきました。

初回は全体的にバランスを取り、
2回目は首、肘を中心に施術したところ、痛みはかなり引いてきました。


まだ安定しきらない部分はありますが、やはり神経の通りの悪さや、手首の痛みといえど、肘の関節の動きは重要になってきます。

手首などに痛みが出たり、肘や肩周りに痛みが出る場合でも当院のモルフォセラピーは効果的です!

お困りの痛みがありましたら一度ご連絡下さい!

2019.8.7

腱鞘炎

30代女性
子育てとPC業務を繰り返し、右手親指の付け根に強い痛みがあり来院。
夜になると親指を動かすこともできないくらいの痛みがあります。
スマートフォンの操作にも一苦労になるそうです。

親指は様々な方向に動かせる分、複数の筋肉が付着しています。
なので、どの筋肉が原因で症状が出ているのか。
または、どの関節が原因で筋肉の動きが悪くなっているのかを、確認する必要があります。

この方は、原因となる筋肉がすぐに把握できたので、その筋肉に対するアプローチと
モルフォセラピーを使って腕へ血流を上げて自己回復力を高める施術を行いました。

生活の中でどうしても使う箇所になるので、完全に痛みが無くなるまで期間はかかりますが、
痛みの軽減は早期に行えるので、港区で腱鞘炎に悩んでいる方、品川駅周辺で勤務している方、PC作業で親指に痛みがある方は
是非いらしてください。

2019.5.16

腱鞘炎

腱鞘炎に悩んでいる40代女性

家では子育て、仕事ではパソコン作業をこなしている方が来院されました。

お子さんにミルクを上げる時と、仕事中の夕方になると痛みが増してきます。

痛みが強い時は、親指の付け根を少し押すだけでも痛みが出ていました。

親指を動かすのはもちろん、痛みで夜疼いて眠れない時もあったそうです。

まずは、痛みの原因を探ります。

その方のお身体の特徴は、巻き肩でなで肩でした。

そうすると、肩甲骨が正常な位置から外れてしまいます。

すると、肩だけでなく手首や指の動きも悪くなります。

これを読んでいる方も試してみてください。

①親指を上に向けた状態で腕を外から上に上げる。

②親指を下に向けた状態で腕を外から上に上げる。

どちらの方が上にあがりますか?






①の方が上がりますよね?

肩甲骨の位置と腕の動きは深く関係しています。


なので、この女性も肩甲骨から正常な位置に戻すことにしました。

すると、一度の施術でその場で痛みが無くなりました。

指や手首には一切触れていません。

肩甲骨にモルフォセラピーを施して正常な位置に戻すことで指も正常に動かせるようになりました。


もちろん、日常生活の中で肩甲骨の位置がズレてくるとまた少しずつ症状が出ていました。


5回の施術で正常な位置を身体が覚えてくれたので、今では月に一回メンテナンスをしています。


このように、痛みが出ている場所以外に原因があることは多々あります。

港区で子育てをしているママさん。

品川駅周辺でパソコン作業をしている方。

もし腱鞘炎かと思う症状がありましたら、是非いらしてください。

2019.5.7

メールでのお問い合わせ

電話をかける

リフレ鍼灸整骨院

リフレ鍼灸整骨院

〒108-0075
東京都港区港南2-5-5 港南OMTビル1F

Tel&Fax:03-3471-1293

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております