TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

1年前から続く股関節の不調

40代女性

左側の股関節のつまりと左側の肩甲骨の内側に気持ち悪さを感じられていて来院されました。

整体には通われていましたが、数日で症状が戻るようでした。


約1年前から歩いている時の左股関節のつまりを感じられていて、
その後少し経ってから左肩甲骨の気持ち悪さが出てきたようです。

お身体の状態をチェックしていると足首と足裏のバランスが大きく崩れていました。

特に左側の足の裏側のバランスの崩れと足首のズレが大きく出ていました。

足裏のバランスとは土踏まずなどのアーチのことです。

足のアーチはクッションの役割を果たしていて、
クッション性が減少している状態です。

それにより負担が膝や股関節にダイレクトに入ります。

整体により股関節を調整して良くなっても、
足のアーチが良くならなければすぐに股関節は不調を起こします。

足首のズレやアーチの減少がある状態で歩いていると、真っ直ぐ歩いているつもりでも重心が寄ってしまうことがあります。

左側に重心が寄ったことにより、
左の肩も内側にズレを起こします。

それにより左の肩甲骨の内側に気持ち悪さが生じたのだと考えられます。

足首と足裏のアーチを矯正しただけでも股関節の痛みは無くなり、
左側の肩甲骨の内側の気持ち悪さも減少しました。

症状が戻りにくくする為に全身的に鍼灸施術と整体を行いました。

足首や足裏のアーチのズレは正常に戻してもすぐに悪くなりやすい場所です。

足首や足裏のアーチを回復させるサポーター機能のあるソックスを着用してもらいました。

それによりその後股関節の痛みが出ることはなくなり、
左側の肩甲骨の内側の状態も落ち着いています。

股関節の痛みや不快感がいつまでも治らないという方は品川駅港南口にあるリフレ鍼灸整骨院にご連絡ください。

2019.11.13

メールでのお問い合わせ

電話をかける