TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

起床時の急激な腰の痛み

30代男性、朝から腰の激痛が突然出てきたと来院されました。

今までも何度か腰の痛みを患ったことがあるそうですが、今回ほど酷いものは初めてとの事でした。

腰の痛みは主に下の方に出ており、炎症反応(熱感)もかなり出ていました。

朝よりも仕事をし始めてからの方が痛みが悪化したそうです。


急性的な腰痛で、炎症反応がみられる場合は施術の刺激を弱めに行っています。
理由としては、当院の施術方法は主に弱い力での骨の矯正をしていくのですが、弱い力とはいえ身体に刺激が入ります。
刺激が入り、血流が良くなる事で炎症反応が増加する恐れがあります。

炎症反応が増加した場合一時的に現在よりも痛みが出てしまいます。
なるべく患者さんの身体に負担がかからないようしています。


お身体のチェックを始めた際に最も気になったのは腰椎と呼ばれる腰の背骨のズレです。

腰椎の部分が特にズレが大きく、ズレた状態でかなり固まっていました。

恐らく以前痛められた時からズレがそのまま残っていた為に固くなってしまったのだと思います。

ズレと痛みの場所がリンクしている場合ズレ自体の硬さが少なければ回数を要せず痛みの改善が可能ですが、
以前のズレからの影響の場合回数を要することが多いです。

特にこの方は胸椎と腰椎の関節部にズレが固まっていたため、身体をひねる動きなどでも大きく痛みが出ていました。
基本的に腰椎は前屈と後屈などの前後の動きのみしか行っておらず、胸椎や頚椎が身体をひねる時に働いてます。

そのため、特に腰椎と胸椎の関節面ではズレが起きやすくなります。

まず胸椎や腰椎の可動性を出すために、胸椎の下部から腰椎全体の骨の矯正を行いました。

3回目の施術で痛みは半分ほどになり、
5〜6回目の施術後からはほとんど痛みが無くなりました!

当院の施術は骨格矯正だけでなく神経的なアプローチも同時に行なっているため、施術効果は即効性があります。

もし「短期間の中でなんとか治したい」という痛みがあれば、一度リフレ鍼灸整骨院までご連絡下さい!

2019.11.18

メールでのお問い合わせ

電話をかける