TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

腰椎へルニアと診断された20代女性

20代女性。デスクワーク。
大学生の頃に腰椎ヘルニアと診断され、
治療を受けたものの改善しないということで来院されました。

腰の痛みよりも、デスクワークということで
座っている時の足の痺れが特に気になっていたようです。

痺れなどは神経症状と呼ばれます。
背骨一つ一つの間から神経が出ています。

その神経が背骨のズレなどにより、圧迫されることで
痺れであったり、痛みを感じると言われています。

そのためまず、背骨のズレ感を確認しました。
そうすると、腰椎から仙骨にかけて大きなズレがありました。

ここのズレ感が影響を出していると考え、
モルフォセラピーを用いて背骨の矯正をしました。

来院されたときは足の痺れが出ていたのですが、
施術直後は痺れが消えていました。

初回の施術だけで普通の椅子に座っているときは、痺れが出なくなったと喜んでいました。
しかし、ソファや床に座ったときに若干痺れを感じると言っていました。

それも3回の施術で今は痺れを全く感じないようになりました。
施術頻度を高めてやっていたので、今後は少し間を空けて確認していきます。

・足の痺れが気になる
・ヘルニアと診断されて諦めている
・どこ行っても改善されない

上記のようなお悩みをお持ちでしたら、
品川駅港南口のリフレ鍼灸整骨院にご相談ください。

2019.11.8

メールでのお問い合わせ

電話をかける