TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

老化により腰が曲がり足に痺れが出ている

70代、女性、老化により腰が曲がり前かがみの状態で歩いている状態です。

それにより左足の外側に痺れが出ている状態でした。

このような方は骨の変形なども考えられますが、人間は元々内側の筋肉が強く出来ています。

なので前かがみに曲がっていくのです。後ろに曲がっている人がいないのはそのせいです。

この方は背骨のズレもそうですが、お腹の固さもありました。

背骨は左にズレておりそのせいで神経や血管が圧迫され痺れが出てきてしまっている状態でした。
それにプラスでお腹の固さもあるので上半身が曲がってきてしまっています。

そこで背骨のズレをモルフォセラピーにより戻し、お腹の固さを取り除くだけでも姿勢がスッと真っすぐになるのと
痺れが改善されました。

骨が変形してしまっているものであれば難しいですがズレや筋肉の固さから来るものであれば改善はしていけます。

もしも品川駅港南口付近でお身体の不調にお困りの方がいらっしゃいましたら、是非リフレ鍼灸整骨院までお越しください。

2019.3.20

メールでのお問い合わせ

電話をかける