TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

座っているときの足の痺れ

30代男性会社員。

フットサルをやった後から腰から臀部にかけての痛みを訴えて来院されました。
またデスクワークなどで長時間座っていると、臀部から膝の方にかけて若干痺れが出ていたそうです。


痺れは背骨のズレが大きく関係しているのでチェックしてみたところ、
腰椎と仙骨に大きなズレがありました。
また、右側の臀筋に硬さもでていました。


ここで神経が圧迫されて痺れや痛みの原因になっていると考え、
モルフォセラピーを用いて骨格の矯正を行いました。
また臀筋に硬さがあると神経や血管の通りが悪くなるため、臀筋を緩めるような施術をしました。

施術後には痺れはなくなり、痛みは違和感程度になりました。

次の日に来てもらったときは痺れは出ていなかったのですが、
出張から帰ってきたときにまた痺れが出ていました。

低いイスに座るときやあぐらの姿勢で痺れが出るということだったので、
あぐらの姿勢で骨格矯正を行なったところ症状が安定してきました。


どんな姿勢でも施術をできるのがモルフォセラピーの強みの一つだと思います。

座っていると痺れがでてくるような症状をお持ちの方
モルフォセラピーに興味のある方

是非一度、品川駅港南口のリフレ鍼灸整骨院にご相談ください!

2019.10.7

メールでのお問い合わせ

電話をかける