TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

坐骨神経痛による腰と膝への痛みと痺れ

40代男性、膝の前の激しい痛みと痺れを訴えて来院されました。

来院の1週間前から激しい痛みに襲われ、
同時に痺れがでてきたそうです。

痛みが急にでてきて心配になり医療機関を受診したところ坐骨神経痛の診断を受けたそうです。

痛み止めなども処方されたそうなのですが、薬を飲んでもまったく痛みが変わらず困っていました。

当院では根本改善として骨格の矯正を行っています。

そのため、まず当院で行なっている矯正方法であるモルフォセラピーの考え方として、骨のズレを確認していきました。

胸椎の下部から腰椎全体に大きなズレがありました。

ズレの部分からの派生として痺れが出ていると考えられていますが、痺れとしては、お尻周りから太ももの横を通って膝の前まで痺れが出ていました。

どちらかというと、膝の前側に繋がってくるのは大腿神経もしくは伏在神経と呼ばれる神経です。

坐骨神経にもズレからの悪影響は考えられましたが、それ以上に大腿神経をしっかり通せなければ、
改善は難しいと思っていました。

腰椎の3番目を施術した際膝まで強く痺れが出ました。

大腿神経に対して強い刺激が入ったためと考えられます。

間違いなくこの部分を治さなくてはいけなかったのですが、初めは触ることが出来ませんでした。

3番目の骨を矯正するためにお腹周りなどの圧迫を取り除いたり、他の部分を安定させるように矯正をしていき、3回目の施術で腰椎の3番目に刺激を入れられるようになりました。

矯正の刺激を入れられるようになり、2回ほどで痛みが10→2程に変化しました。

お腹の圧迫があることで、腰椎の動きや下半身へつながる血流は阻害されてしまいます。

当院ではモルフォセラピーを用いて骨格矯正はもちろん内臓や腹圧などへの間接的なアプローチを得意としています。

なかなか改善されない症状や、ひどい症状にお困りの際は是非一度リフレ鍼灸整骨院までご連絡下さい。

2019.10.23

メールでのお問い合わせ

電話をかける