TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

右膝のバランスが崩れたことによる股関節の筋肉の異常

30代女性、右の内ももの引っ張られる感じが気になり来院されました。

2週間程前に強く右膝を打ち付けてから最近特に右の内ももに硬さを感じるようになったそうです。

歩いている時なども右足にだけ違和感を感じていたそうです。


触診や視診を進めていくと、右足関節の緩みや股関節周りのつまり感からか、
内転筋の緊張が見られました。

そして、つまり感の見られる右股関節を普段脚を組む際に上にしていたそうです。

座っている時などに左重心になってしまいがちになるため、右の骨盤にもズレが大きく出ていました。

仰向けでの膝倒し運動では左側に膝を倒すのがきついようだったので、やはり筋肉の緊張は大きく影響してました。



まず、影響の強かった骨盤、そして足関節の調整をしました。


膝倒しでの痛みは一回の施術でも良くなりましたが、筋肉の緊張感は取りきれませんでした。


出産後数年経っていたこともあってか、筋力低下なども見られたので、


ストレッチや自重でできるトレーニング等を指導しました。


当院では施術だけでなく、外部からパーソナルトレーナーの方をお呼びしての運動教室などにも力を入れております。


トレーニング不足を感じられてる方や、自分の体はズレが大きいのではないか?

不安に思われる方がいらっしゃいましたらリフレ鍼灸整骨院までご連絡下さい!!



2019.7.31

メールでのお問い合わせ

電話をかける