TOP

リフレ鍼灸整骨院リフレ鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

下から物を持ち上げた後の急激な腰の痛みと痺れ

50代女性、仕事中に下にあるものを持ち上げようとした際に腰を痛めてしまい来院されました。


以前にもぎっくり腰を経験されていたようで、その時と同じくらい強い痛みが出ていたそうです。

痛みの場所は右側に寄っていて、お尻から太ももの裏側まで突き抜けるような痛みと痺れ、右腰の激痛がありました。


歩いていても恐怖感があり、立ち上がる時や歩き始めの瞬間などの動きはじめに特に痛みが出ていました。

当院ではぎっくり腰など炎症反応と呼ばれる熱感が強い方には数日程のアイシングを勧めているのですが、この方は痺れ感もあったためアイシングを控えて頂きました。

痺れなどの神経症状に対して「冷やす」ことをしてしまうと神経伝達が鈍くなってしまい、感覚が鈍ってしまったり治りが遅くなってしまうことが考えられるからです。


施術をするにあたってまず骨のズレに着目しました。

この方の場合仙腸関節と呼ばれる骨盤と仙骨の関節面の硬さと仙骨自体のズレが大きく見られました。

仙骨がズレてしまうことにより、仙骨部分から出ている坐骨神経という神経の伝達が悪くなってしまい、痺れなどの悪影響が出ていたと考えられます。

痛みの大きな原因も腰椎のズレから来ていたためその部分の施術を中心にしていきました。


初回は痺れなどが特に体に対して変化の影響が強く出る傾向にあるため短い時間での施術をしました。

当院のモルフォセラピーという矯正方法はとても弱い力で行い、いたみ痛みはほとんど感じませんが、効果は出るため知らず知らずのうちに体に負担がかかっていることもあります。

二回目以降体も当院の骨格矯正に慣れてきたところで、徐々に手数を増やしていきました。

4回目の施術で痛みと痺れはほとんどが無くなりました。


どれだけ重い痛みでもそこには必ず原因があります。

当院は根本治癒に対して全力で向き合います。冬は寒く筋肉が硬くなることで腰痛や寝違えなども多くなります。

痛みなどでお困りでしたら一度リフレ鍼灸整骨院までご相談下さい。

2019.12.6

メールでのお問い合わせ

電話をかける